過払い金請求する方法

  • 過払い金請求する方法

    • 最近テレビや雑誌などで、よく見聞きするのが過払い金です。
      過払い金は、借入れの上限金利を定めた利息制限法の利息で計算し直したときに、借金が終わってからも支払い続けていたお金のことです。

      払い過ぎていたお金は、請求して取り戻すことができます。
      以前は、消費者金融などの貸金業者からの借入れについて定めている貸金業法では、年利29.2%以内であれば利息制限法の上限を超える利息を取ってもよいことになっていました。


      そのため、ほとんどの貸金業者は、高い利息でお金を貸し付けてきました。


      この利息制限法を超えているが、貸金業者が取ってもよいとされていた利息が、グレーゾーン金利と呼まれ、これが過払い金にあたるのです。
      過払い金を取られていたことが分かったら、すぐに請求をすることをお勧めします。請求できる有効期限は10年間となっていますので、それを過ぎたら取り戻すことはできません。
      また、貸金業者が倒産した場合も、戻ってはきません。借金を完済した後に取り戻すにはまったく問題はありませんが、返済中の場合はデメリットが生じることもあります。

      過払い金が確定するまでの請求手続き中に、貸金業者が個人信用情報に「債務整理を行なった」と、登録するケースもあります。個人信用情報に載った場合、今後どこからも借入れすることができなくなります。返還請求をする方法は、貸金業者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法の定める金利で計算し直します。

      その後、貸金業者と返還交渉を行い、払い過ぎたお金を取り戻します。

      相続放棄 費用に有効な情報の紹介です。

      新宿 不動産 弁護士の特徴をご紹介する情報です。



      不動産 弁護士に関するアドバイスです。

      相続 京都のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

      https://girlschannel.net/topics/keyword/%E4%BA%A4%E9%80%9A%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF/

      http://okwave.jp/qa/q2235866.html

      http://girlschannel.net/topics/847303/

  • 関連リンク

    • もし貸金業法が改正される前にお金を借りた経験がある場合は、法定金利の上限を超える利息については無効であるにもかかわらずにお金を請求されて支払っていた可能性があります。それが現在でも問題となっている過払い問題であり、たとえすでに支払い終わっている場合であったとしても、最終取引から10年経っていなければ時効は成立していないので、過払い分のお金の返還を請求する事で取り返す事が可能です。...

    • 過払い問題は取り上げられてから既に何年か経過していますが現在でも完全には解決した問題では無いです。それではどうして過払い金の請求が起きるようになったのかというと、二つの法律があった事が理由になります。...