過払い金請求する方法

  • 過払い請求は取引履歴がわからなくても可能

    • 過払い請求は過去の取引履歴を紛失しても行うことができます。

      借りていた当初の契約期間、金利、完済日などを忘れていても、開示請求をすることはできます。


      ただし、弁護士に依頼した場合はスムーズな開示が可能ですが、自分で手続きしてもまず開示してくれません。



      貸金業者としては過払い金を1円も支払いたくないのです。



      過払い金は平均して100万円を超えるのが普通であり、ほとんどの消費者金融が倒産した理由は過払い請求により経営不能に陥ったからです。



      取引履歴の開示を求めても、なかなか応じてこないのはそのためです。



      履歴を見せてしまうと、高金利で貸し付けていた事実もバレてしまいます。
      弁護士に依頼をすれば、面倒で複雑な手続きをすべて代行してくれます。

      ネット上には自分で返還手続きをしたという体験談も掲載されていますが、実際に回収するのは並みではありません。



      ほとんどの業者は返還に応じませんし、とにかくダラダラと手続きを先延ばししてきます。



      和解案を持ちかけてくる業者も多いですが、全額返還ではないので損をします。減額返還ができる余力がありながら、返還に応じてこない業者が多いのです。
      弁護士なら最大限の回収が可能になるので、自分でするよりもお得なのです。



      弁護士に支払う報酬を節約することより、費用対効果のほうが大切です。



      沢山回収ができれば、報酬以上の還元を受けられるのです。
      少しでも多く回収するために、専門家の力を借りてください。

  • 関連リンク

    • 過払い請求というと専門家に依頼をしなくてはならないものというイメージが非常に強くあるものですが、実際に専門家に依頼するとなるとそれなりの費用がかかってくることになります。もちろん過払い請求を請け負う多くの弁護士事務所や司法書士事務所では最終的に依頼人への利益が確保できることを考えて料金を設定していることが多いのですが、元々返してもらえる金額が少ないなどのことになると依頼料を支払わずに過払い請求を行いたいと考えることも多いでしょう。...

    • 過払い金の請求は、弁護士を通じて行うのが現実的です。最近は、弁護士を通じても全額回収は難しく、訴訟に発展することが多いので、個人で行うのは難しいでしょう。...