過払い金請求する方法

  • 過払い金返還請求権を失うタイミング

    • 過払い金は払い過ぎた金利のことで、取り戻すことができるお金です。


      しかし、何事にも時効があり過払い金も例外ではなく返還請求する権利を失うタイミングがあります。



      過払い金返還請求をする権利を失うタイミングとしては、最後にその業者と取引をして10年後です。
      これは債権の消滅時効と同じ扱いになります。



      一方で、過去の過払い金は取引履歴など立証できる物証が存在している限り請求することが可能です。



      消滅時効を迎えさせないための方法としては、過去に完済していても最近になって再び借り入れを行うといった方法です。
      こうすることによって、時効のカウントがリセットされるので、その取引が完済しても再び10年間の消滅時効が発生する仕組みです。



      一方で、この消滅時効が過ぎてしまった場合には、お金を取り戻すことが困難になります。


      基本的には過払い金請求は交渉事であり腕利きの弁護士や司法書士に依頼することでスムーズに行うことができますが、それも法的な根拠があった場合の話です。



      そのため10年後に依頼しても取り戻せる可能性は限りなく小さくなります。



      なお、弁護士や司法書士に依頼した場合には、着手金として1社あたり2、3万円が必要ですが、多くは取り戻したお金で支払うことが可能です。



      また弁護士や司法書士に支払う成功報酬も取り戻したお金に対して2割程度になります。
      いずれにしても取引が完了して10年以内で、過去10年にわたって消費者金融などから借り入れをしている場合には実費ゼロで行うことができます。



  • 関連リンク

    • 以前、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者が、利息制限法の上限を超えた高い金利を取り続け、利用者は知らず知らずのうちに払い過ぎていたのです。これを過払い金と言い、今、この取られ過ぎていたお金を請求して、払い戻してもらう人が増えています。...

    • 債務整理の方法に過払い請求(過払い金返還請求)という方法があります。この債務整理は、他の債務整理と違い、払い過ぎた金利が戻されるもので、法定金利を超えて貸し出しを行なった業者に対し、超過負担分を返還する請求であり、これは自己破産や任意整理と異なり、貸金業者側が法で定められた金利を超えて貸し出しをしている場合の不当な金利水準で計算され返済していた債務者への返戻措置として法的に行うものです。...