過払い金請求する方法

  • 過払い分の利息の請求は信頼できる専門家に依頼を

    • もし貸金業法が改正される前にお金を借りた経験がある場合は、法定金利の上限を超える利息については無効であるにもかかわらずにお金を請求されて支払っていた可能性があります。

      それが現在でも問題となっている過払い問題であり、たとえすでに支払い終わっている場合であったとしても、最終取引から10年経っていなければ時効は成立していないので、過払い分のお金の返還を請求する事で取り返す事が可能です。
      過払い金の請求については自分自身で行う事も可能ではありますが、法に詳しい専門家でなければ実際に取り返すのが難しいので専門の弁護士や司法書士に相談をしてみた方が良いです。


      ただ、過払い金の請求の相談に応じている専門家の中にも悪徳な人はいるので依頼する際には信頼が出来る専門家に頼むのが良いです。どのような手口が行われているのかというと、返還されたお金を誤魔化して返還金の一部をこっそりと自分の懐にしまってしまうなどの手口があるのです。


      そうした悪徳な専門家の被害に遭わないように、証拠が残るように口頭では無くきちんと書類で資料を提供してもらうようにしたり、弁護士費用の相場について調べておくなどをして、悪徳な手口でお金をだまし取られていないかどうかもしっかりと確認をした方が良いです。
      どんな職業であってもまじめに仕事をこなす人もいれば、悪徳な事をしている人もいるものであり、それは法の専門家である弁護士などでも当てはまります。
      その事を考慮した上で専門家に相談するのが大切です。

















  • 関連リンク

    • 過払い金は払い過ぎた金利のことで、取り戻すことができるお金です。しかし、何事にも時効があり過払い金も例外ではなく返還請求する権利を失うタイミングがあります。...

    • 消費者金融は利用者の状況にあわせて、適切な借入ができる便利なサービスです。全国的に展開していて、知名度がたかい消費者金融は初心者でも利用しやすいので、はじめての人でも安心して利用ができます。...